年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

本当に年収1000万もいるのか疑問に感じ始めた

さっき今年の1月〜5月の収入を計算したところ、約190万円くらいでした。

 

6月が25〜30万程度で交通費や副業経費を抜いたりすると、1月〜6月の年収はざっくりは200万円ちょっとってところです。

 

7月〜12月は上半期ほどアフィリエイト報酬が見込めないので、年収400万円はちょっと厳しいかなって思っていましたが、よくよく考えると下半期にはボーナスが2回あるんですよね。

 

夏冬合わせて30〜35万くらいの見込みなので、

 

  • 給料額面約20万(残業代や交通費込)×6カ月…120万円
  • ボーナス夏冬合計…30万
  • 副業収入10万×6カ月…60万円

 

副業収入が月10万円程度キープできれば今年の目標の年収400万円はなんとか超えれそうです。

 

最終目標は40歳までに年収1000万円なのですが、最近「ほんとにそこまでお金が必要か?」と疑問を抱くことがあります。

 

なぜかというと目標の半分にも満たない年収なのにどんどん貯金が溜まっていってるからです。

 

実家暮らしは貯金が溜まっていきます

 

今までは貯金なんてほとんどできませんでしたが、ある程度収入が増え、最近は毎月10万円前後の貯金ができています。

 

現在の貯金額(FX口座残高を含めています)は約230万円程度なのですが、今のペース(毎月10万円、年間120万円)で貯金をしていくと、

 

  • 40歳…800万円
  • 50歳…2000万円
  • 60歳…3200万円

 

今の収入でも老後に必要な生活資金と言われる3000万円は貯金できそうな感じです。

 

今の収入でも十分な貯蓄は作ることができそうです。

 

ただ、この年収でこれだけ貯蓄ができているのは、実家暮らしと言う非常にコスパの良い生活を送っているからです。

 

実家に入れるお金は3万円です。(本当は親孝行のつもりでもう少し入れたいのですが、質素倹約な家柄なのでこれ以上渡そうとしても断られます)

 

  • スマホ
  • アイコス
  • 昼食、休日の外食
  • 車のローン、ガソリン、保険等
  • お菓子や飲み物
  • 日用品
  • スロットで負ける…

 

今の定期的な支出はこのくらいなので、高い買い物さえしなければ貯金を意識しなくてもお金は溜まっていっています。

 

ただし今の独身で実家暮らしの生活がいつまでも続くとは限らないので、いろんなパターンでの必要な年収を計算してみました。

 

もしもこのまま実家暮らし&独身だった場合⇒年収400万円

 

このままの生活がずっと続く場合は、年収400万円…現状維持で十分ですね。

 

両親が年老いていくと、今よりも出費も増えていくかもしれませんが、昇給などで収入も多少は増えると思うので大丈夫だと思います。

 

なによりも家賃や住宅ローンにお金を掛けなくて済むのが大きいです。

 

多少の修繕費や固定資産税を払ったとしても大きな出費にならないと思います。

 

何事も無ければ持ち家がある状態で、60歳定年時に3000万円程度の貯金はできています。

 

一人暮らし&独身だった場合⇒年収500万円

 

独身のままで一人暮らしになった場合は、

 

  • 家賃
  • 水道光熱費
  • 通信費(テレビなど)
  • 保険(火災保険)

 

この辺りの費用が掛かってきます(もちろん食費もかかりますが、今実家に3万円入れているのでそれで相殺しました)

 

家賃が5万円程度(田舎の1K〜2DK)だったとして、合計で月7万円もあれば足りそうです。

 

7万円×12カ月=年間84万円の支出となります。

 

税金のことを考えると今よりも約100万円程度の年収アップが必要かもしれませんね。

 

また実家暮らしと違い、定年後も家賃を払っていかないといけないので60歳で定年ではなく65歳くらいまでは働いていたいた方がいい気がします。

 

年収500万円まで上げておけば、老後資金を貯蓄しつつ、一人暮らしも十分可能ですね。

 

結婚して実家暮らしの場合⇒年収400万円

 

結婚経験がないのでどのくらいお金がかかるか想像できません。

 

ただし、結婚した人に話しを聞いてみると、独身一人暮らしの頃よりもお金に余裕ができるとのことです。。(妻も働いている場合)

 

私の住んでいる田舎は基本的に共働きなので、結婚後実家暮らしの場合、かなりのお金が溜まると思います。

 

まぁ子供が出来れば出費も増えると思いますが、年収400万円(+妻200万円)もあれば十分な気がします。

 

結婚して賃貸または家を持つ場合⇒年収600万円

 

結婚して家を持つ場合は結構お金がかかりそうです。

 

一人暮らしで貯金を考えなければ年収350万円あればそれほどストレスなく生活が送れると思います。。

 

そこに

 

  • 妻と子供の生活費
  • 教育費
  • 増える家賃や食費、レジャー費

 

こういったものを含めると独身の時より、+300万円程度必要だとします(わからないので適当な金額です)

 

そうすると年収650万円必要になってきます。

 

年収600万円+妻の年収200万円-支出650万円=残額150万円

 

自分の年収が年収600万円くらいあれば、ざっくり月10万円くらいの貯金ができますね。

 

ちょっと頑張れば妻の収入を丸々貯金ということも可能っぽいですね。

 

結婚して賃貸または家を持つ場合&妻が専業主婦⇒年収900万円

 

妻が専業主婦の場合、支出額はほとんどかわらないと思うので年収800万円でも十分いけると思います。

 

ただ、

 

  • 累進課税で税金が増える
  • 自分にもしものことがあった時の為に、生命保険をしっかりとかける
  • 自分しか収入減がないので、貯金は多めにしておく

 

こういったこともあるので年収900万円くらいはあったほうがいいと思います。

 

まぁ私の住んでいる地域だと、まず専業主婦にならないので、ここまでの年収はいらない気がします。

 

年収1000万円以上必要になるケース

 

私のライフスタイルだと年収1000万円以下でも十分な生活を送る事ができます。

 

1000万円以上の年収が必要になる場合は、

 

  • 生活レベルを上げて贅沢な生活を送る
  • 子供を私立に進学させたりや海外留学させる
  • 貯金をいっぱいして安心する&子供に資産をたくさん残す
  • 将来的に収入が下がる可能性にそなえる
  • セミリタイアをする

 

こんなところでしょうか?

 

生活レベルを上げて贅沢な生活を送る

 

生活レベルって上げようと思えばいくらでも上げれます。

 

  • おっきな家に住む
  • 高級車を買う
  • 毎年海外旅行にいく
  • ブランド品を身に着ける

 

ただ今の生活でそれなりに満足していますので、無理して生活レベルは上げなくてもいいかなっと思います。

 

車は必須ですので、収入が伸びれば良い車くらいは欲しいかなって感じですね。

 

子供を私立に進学させたりや海外留学させる

 

結婚はおろか恋人もいない私がこんなことを語るのはちょっとイタイかもしれませんが、子供は公立で十分です。

 

というより、田舎住まいなので近くに私立なんてありません(笑)

 

大学か専門学校くらいは出して上げたいとは思いますが、海外留学させようなんて思いもしません。

 

とりあえず嫁を作ってから考えよう…

 

貯金をいっぱいして安心する&子供に資産をたくさん残す

 

私くらいの世代になってくると、将来本当に年金が支給されるのか不安になりますよね。

 

おそらくは支給年齢の引き上げ&増税で実質的な手取り額は大きく減る予感がします。

 

ですので貯金は多ければ多いほど、老後の不安は減ります。

 

ただ、80歳になって貯金が8000万円も残っていてもまず使いきれません。

 

使いきれずに寿命を迎えてしまった場合、貯金を捨てたのとほとんど変わりません(あくまで私の主観です)

 

また相続して遺産を残すにしても、何千万円も残す必要はあるのでしょうか?

 

1000万円前後残っていれば十分すぎる気がします。

 

将来的に収入が下がる可能性にそなえる

 

将来的に収入が下がることを見越して、稼げるうちに稼いでおくっていうのも大切かもしれません。

 

私の場合、本業収入はワープアレベルなので無職にならない限り大きく下がりようがありません(全然嬉しくない)

 

ただ副業収入に関してはいつなくなるかまったく想像できません。

 

この収入が今後ずっと続くかもしれませんし、来週にはなくなっているかもしれません。

 

まぁ本業収入があれば生活するだけならなんとかなりますし、また副業を頑張りなおせばいいだけです。

 

セミリタイアをする

 

最近までずっとセミリタイアをしたいと思っていました。

 

  • 好きな時に起きて好きな時に寝る
  • 仕事に行かなくていい
  • ストレスフリー
  • 自由をゲット

 

セミリタイアってなんて素晴らしいんだ!とずっと思っていましたが、最近になって考え方がちょっと変わってきました。

 

働いていても、1日の内12時間は自由

 

仕事をしていると自由なんてない!と思いがちです。

 

ですが少し視点をずらして考えると、職場の拘束時間+通勤時間を除けば、残った時間は自由だということに気づいたのです。
私の場合、約12時間を仕事に縛られていますが、残りの12時間は自由なのです!

 

睡眠時間を除いても1日4〜5時間は好きなように使うことができるんですよね。

 

残業だらけのブラック企業でない限り、働いていても自由な時間って実は結構あるんです。

 

仕事のストレスが減った

 

理不尽な上司が退職してからストレスが激減しました。

 

仕事がめんどくさくなることもありますが、楽しいこともありますので、仕事が嫌だなって気持ちがあまりなくなりました。

 

すでに平日の夜や休日が暇

 

  • YouTubeを見る
  • 副業にいそしむ
  • スマホゲーをする
  • パチンコ屋に行く
  • 映画館にいく
  • テレビやアニメを見る
  • ご飯を食べに行く(1人)

 

平日の夜や休日は毎週こんな感じで過ごしていますが、「飽きたな」「暇だな」って思うことがよくあります。

 

もしもセミリタイアをした場合、もっと暇になるんだろうな…と思うとそれほど憧れなくなりました。

 

仕事で他人と付き合っている方が退屈しませんしね。

 

年収1000万円も必要ない、でもあるに越したことはない

 

こうやって計算してみると、実は年収1000万円も必要ないかもしれません。

 

ですが、収入と貯金は少しでも多い方がやはり安心できます。

 

それに1000万円を目指して努力すれば、たとえ失敗しても年収600万円くらいにはなってそうな気がします。

 

さすがに年収2000万、3000万円は要りませんが、1000万円は必要なくてもやっぱり目指そう。

page top