年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

社員旅行に行きたくない派です!

今務めている会社なんですが、社内行事が結構頻繁にあります。

 

忘年会くらいはどの会社でもやっていると思うのですが、それ以外にも、

 

  • BBQ
  • 地域の催し物、イベントなど
  • 社員旅行

 

全ての行事で社員全員強制参加という訳ではないのですが、少なくても年に3回くらいは出席しないといけない感じの空気です。

 

なぜ唐突にこんな記事を書き始めたかというと…そろそろ社員旅行のシーズンなのです。

 

社員旅行なんて絶対に行きたくないと思っていた

 

30代前半までは社員旅行なんて絶対に行きたくないと思っていました。

 

  • プライベートと仕事は混同したくない
  • 休日はお休みしたい
  • 同僚や上司に気を遣って疲れる
  • 旅行自体あまり好きじゃない
  • 旅行にかかるお金を給料で還元してほしい
  • 自腹?アリエナイ…

 

そこそこいい歳をしたおっさんですが、社内行事に関しては若い社員の考え方に非常に賛同します!

 

単純にめんどうと言うだけではなく、

 

「会社(社長)の自己満足、社内のコミュニケーションを円滑にする為に行われる」

 

という非常に会社都合な目的がどうも気に入らなかったんですよね…

 

車内のコミュニケーションなんて仕事をこなしていれば自然と取れていきます。

 

それだけで十分なんです。

 

こういった社内行事で必要以上のコミュニケーションを取らせようとすると、大抵悪い方向に向かうんです!

 

社員旅行に対して、20代の頃からずっとこういった悪い印象を抱いていました。

 

転職先で人生初の社員旅行に…

 

20代の頃は運よく社員旅行のない会社ばかりだったのですが、今務めている転職先の会社はばっちり社員旅行があります。

 

30代になって初めて社員旅行に行ったのですが、意外なことに思っていたほど悪いものではないな〜と感じてしまいました。

 

これだけ社員旅行に対してネガティブだった私がなぜこんな気持ちになったのかまとめてみました。

 

出勤日に社内行事を行っている

 

私の会社は社員旅行を始めとした社内行事は出勤日を休みにして行われます。

 

お休みの日に社内行事は基本的にありません。

 

あったとしても参加してなくてOKな空気ですし、参加した人は翌日をお休み(有休消化ですが)を取ってもいいよ〜という緩い感じです。

 

金銭的負担がほとんどない

 

毎月、社内行事用の積み立てみたいな形で私の少ない給料から引かれます。

 

月600円程度なので、それほど大きな金額ではないのですが、入社当時は自分の少ない給料から強制的に引かれるのに抵抗がありました。

 

「なんで人の給料から勝手に引いてるんですか…」ってね。。

 

ですが、この積み立てのお陰で、この金額以上社内行事にお金を使うことはありません。

 

忘年会や各種イベント、社員旅行を含む全ての社内行事はこの月600円の積み立てから費用が捻出されます。

 

この積み立てで足りない分は全額会社が負担してくれるのです。

 

1年間で7200円だけ払っておけばそれ以上の自己負担はないんです。

 

以前勤めていた会社は社員旅行こそなかったものの、忘年会や新年会、歓送迎会…何かと理由をつけて頻繁に飲み会がありました。

 

自己負担も結構あり、全部合わせると1年間でかなりの金額になっていましたしね…

 

上司が気を遣う

 

忘年会などの宴会などは、基本的に管理職や取締役の人がお酒を注いで回ります。

 

そういったルールがある訳ではなく、自然とそんな流れになっています。

 

お酒を注いで回らなくても別に何も言われませんし、見え透いたお世辞やヨイショなしでOKなのです。

 

昔いた会社は、

 

  • 若手や女性がお酌をするのが基本
  • 上司から注いで回れと指示がでる
  • 注文なんて新人が取って当たり前
  • 上司でもない人から偉そうに説教される
  • 無理やり気志團のワンナイトカーニバルを歌わされる(サビしか知らないのに)

 

典型的な昭和の宴会って感じでしたね。

 

今の会社は参加だけしておけば、あとは適当に過ごしていればいいのですごく気が楽です。

 

時間が経ってみんな酔い始めると上役の人に飲まされることもなくなないですが、「俺の酒が飲めないのか?」って感じではなく、「しっかり飲んでるかー?若いんだからどんどん飲めよ〜」って感じで注がれる程度です。

 

断っても別になんともないですし。

 

気を遣われる年齢になった

 

20代の頃は年上の先輩や上司たちにひたすら気を遣っていました。

 

ですが30代になった今では、逆に20代の人や女性社員から気を遣ってもらえるようになりました。

 

見え透いたお世辞とわかっていても、お酌してもらうのって気持ちがいいものですね(笑)

 

人間関係はそれなりに良好

 

会社での人間関係はそれなりに良いので、飲み会でギスギスしたりすることが少ないです。

 

盛り上がりに欠け、無言の多い空気になっても、適当にタバコを吸いに行ったりすればいいだけですしね。

 

ネガティブになるより楽しんだ方がお得と気づいた

 

社内行事は出勤日に行われるので、「仕事の一つ」だと思えばそれほど苦痛ではなくなりました。

 

  • なんでこんなことに参加しなきゃいけないの?
  • 早く帰りたい
  • ダルイな…

 

こういったネガティブなことを考えて時間を過ごすよりも、どうせ参加しなくちゃいけないんなら逆に楽しんでしまおうと思えるようになりました。

 

一定時間拘束されるのは最初からわかり切っているので、ポジティブに考えるようにしました。

 

「社員旅行は仕事みたいなもの」と割り切って考えるようにしています。

 

でもやっぱり社員旅行はないほうがいいな

 

実際に参加してみると社員旅行ってイメージしていたよりも悪くないな〜と思っていますが、無いに越したことはありません。

 

やはり社員旅行は旅行というよりも仕事に近い感覚です。

 

仕事より肉体的には楽だけど、仕事より精神的に披露しますしね。

 

あと単純に長時間の移動が苦手で旅行が好きじゃないってのもありますけど。

 

これ以上社内行事を増やさなければOK

 

社内行事は絶対に参加しなくない派ですが、今くらいの回数なら我慢できます。

 

今の会社は社内行事自体は多めですが、仕事終わりの飲み会などはほとんどありませんので、昔と比べると上司と飲む回数自体は大きく減っていますしね。

 

年に3回程度ならまぁ仕事と割り切れば、それなりに楽しめます。

 

これ以上増えなければ、今後も楽しんで参加しようと思っています(断れる行事はもちろん断りますが)

 

もしも毎月のように社内行事が行われたら…それはさすがに嫌ですね。。。

page top