年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

人事異動の内示を受けました

2カ月ほど前に人事異動の内示を受けました。

 

新たな部署で働き始めて1週間経ちましたが「退職して新しい仕事を探そうかな…」なんて真剣に考えるようになりました。

 

そこで今回はなんで人事異動は拒否できなかったのか、なぜ仕事を辞めたくなったのかについて書いてみました。

 

  • 異動が多い職場に入社した人
  • 異動の内示がでて不安な人
  • 企業の人事課、中小企業の経営者

 

人事異動にかかわってくる人には参考になんじゃないかなと思います。

 

今回の異動は降格人事を伴う事務所&部署異動

 

今回の異動は、退職者の穴埋めの為の異動です。

 

「〇〇さんが退職するから、その仕事をする人がいなくなるのでお願いします」…企業ではよくある話ですね。

 

私の会社もそれなりに離職者がいますので、穴埋めの為の人事異動は時々行われていました。

 

同事務所内の異動(いわゆる配置換え)だけではなく、別の事務所への異動(転勤)もあります。

 

今回私が受けたのは事務所と部署の異動…転勤ですね。

 

転勤と言っても引っ越しを伴うほどの距離でもなく、イメージ的には「東京から大阪に転勤」という感じではなく「港区から渋谷区に転勤」といった感じですね(通勤時間も少しだけ短くなりました)

 

ただ今回の人事異動で他の人と違ったのが、降格を含めた人事異動だったのです。

 

人事異動の理由は退職者の穴埋めだけど

 

私が穴埋めする予定の前は一般社員(平社員)です。

 

もちろんその人には上司(主任)がいます。

 

一方私の役職は主任…必然的に異動後はどちらかが平社員への降格となります。

 

…結果私が降格されることになりました。

 

その部署の仕事を経験したことがない私が降格するのは当然と言えば当然ですね(結構落ち込みました)

 

拒否はした、けど自分以外に適任者がいなかった

 

拒否はしました。

 

とはいっても「異動になるなら会社を辞めます!」と言う明確な拒否ではありません(急な話だったので私も動揺していたので)

 

  • 退職者の穴を埋めるための人員配置の提案
  • 私が異動した後の今の職場の問題点
  • 私は異動を望まないし、会社の利益にもならない

 

以前から遠回しに異動の提案はされていたのですが、やんわり断っていましたので私が異動したくないのは会社はわかっています。

 

ですので、感情的に拒否しても意味がなさそう(マイナス評価されるかもしれませんし)だったので、異動しないことのメリットの提案をした感じです。

 

異動に伴うデメリットも理解してもらえたのですが、他に適任者がいないという理由で異動は決定してしまいました。

 

強引に「異動するくらいなら仕事を辞めます」と言えば、おそらく異動にはなりませんでした。

 

ですがその場合、私のチームの人員を奪われるので、どちらにしろ大変なことになってしまいますし。

 

それに今の各事務所の状態を考えると、私自身が異動するのがもっとも妥当な手段というのも私も理解していましたしね。

 

資格が必要だけど、その資格を持っている人が私のみ

 

穴埋め仕事をするには資格が必要なのですが、その資格を持っている人が私しかいません。

 

資格を持っているのは

 

  • その部署で既に実務をしている人
  • 資格を持っているけど実務をしていない人(私)

 

しかいませんでした。

 

以前はたくさんいましたが、有資格者がどんどん退職していき…あとは私を残すのみ

 

それほど難しい資格でもなく、半年〜1年も勉強すれば簡単に取れる資格ですので、別の人にその資格を取ってもらってその人が穴埋めをするというのも提案しましたが、時間的に間に合わないので拒否されました。

 

無駄に資格なんて取るんじゃなったです。。。。

 

資格を取ることでマイナスになることもあるんだなって(資格手当もつかないです)

 

中小企業だと「その業務をできる人がいないから異動させられる」ってよくある話しですが、実際に体験するとは思いませんでした。

 

会社の言い分

 

会社との面談も行われました。

 

  • 今まで作り上げてきたチームから外すのは申し訳ない
  • いずれは異動してもらう予定だったが、退職者がでて急きょ異動してほしい
  • こちらの事務所は縮小予定で、今後は異動先が主力となる
  • 一旦は降格するけど、いずれは管理職を任せたい

 

私がモチベーションを下げないようにかなり気を使っていました(うちの会社は離職率がそこそこ高いので)

 

ぶっちゃけ「私だけではなく、誰に対しても多分こんな感じで将来の出世を臭わせているんだろうな…」とも感じましたね(そういった話も聞きますし)

 

ただ、

 

  • 能力不足による降格ではない
  • 今の業務は一定レベルの評価はされていた(とくにコミュニケーション能力)

 

今年までの評価を考えると、単純にマイナスな意味での降格ではないこともわかっていました(自己評価が高い可能性もありますが)

 

シンプルに「…降格人事ってことですよね?」と聞くと「そうなるね…」との返答が。。。

 

平社員に降格することが確定しました。

 

悲しい話ですがどんな過程、評価があったにしろ主任⇒平社員に降格する事実は変わりません。

 

30代半ばで平社員に降格…泣きたくなります。

 

降格させるってことは不要な人材だった、退職させたかった可能性は?出世コースから外れた?

 

今回の私の降格人事は、退職に追い込むための降格ではありませんでした(自己評価が高いだけで、実は会社からの評価が低く、降格させられた可能性なら0%ではありませんが)

 

代わりがいませんし、辞めるといえば確実に引き止められるパターンです。

 

ただ、出世コースから外れた可能性は十分あります。

 

面談時は将来的には管理職を考えているなんて言われましたが、それを真に受けるほど素直な人間ではありません。

 

  • 元の事務所…管理職になれる可能性が一番高い主任
  • 異動先の事務所…主任になれる可能性が高い主任、管理職には程遠い

 

元の事務所は同年代〜年下の男性や女性社員が多く、今の環境のまま働き続けたら、私が管理職になる可能性が非常に高いです。。

 

一方異動先の事務所は、私と同年代〜年上の男性が多く、経験年数も高く、それなりに実力や評価が高い人が多いです。

 

まぁ異動先では私は良くて主任止まりですね(悪ければ平社員のまま)

 

すでに出世待ちの人がいるので、私に管理職が回ってくることは…ないでしょうね。

 

給料や役職手当は

 

降格人事なのですが、役職手当については据え置きのままです(主任手当1万円)

 

  • この先もずっと手当がついたままなのか?
  • それともいずれはなくなるのか?

 

よくわかりませんが、とりあえずは今と同額を貰えるようです。

 

基本給については面談時に聞きませんでした(聞く勇気がなくて…)

 

下がることはまずないと思いますが、上りもしないでしょうね。

 

内示がでてから引継ぎ異動までの期間

 

内示が出てから引継ぎ、異動までのスケジュールをまとめました。

 

0日目、突然の内示

 

別事務所の所長が私の所へきて「実は〇〇さんが退社するんだ…そこで君にそのポジションをやってもらおうと思っているんだ」

 

こんな感じでいきなりきました。

 

私の上司を含め、社内的にはまだ話しを通していないので、誰にも話さないように指示されました。

 

内示と言うよりは相談しに来た感じですね。

 

30日後、引継ぎ開始

 

該当者との面談が行われ、正式に異動が決定しました。

 

私の部下が引き継ぐことになり、1週間で引継ぎを終わらせてくれとのことだったのですが、それなりの専門的な知識が技術が必要なので2週間に延長してもらいました。

 

私は事前に聞いていたので、マニュアル等の事前準備はできていたのですが、さすがに1週間では無理です。。。

 

45日後、引継ぎ終わり、異動

 

引継ぎも何とか終わり、異動しました。

 

ただ引継ぎ期間が短すぎたためトラブルも多く、人手不足の際には応援に駆けつけています。

 

75日後、異動後1カ月で引継ぎ終了、前任者退職予定

 

現在業務の引継ぎ中です。

 

1カ月の期間はありますが、営業日で数えると20日程度です。

 

不安でいっぱいですがなんとか頑張って仕事を覚えているところです。

 

退職したいと考えるようになった。その根本的な理由は会社の将来的な見通しが悪いから

 

給料も安い中小企業に勤めて数年…転職をを考えることも何度かありましたが、それなりに居心地もよかったので今の会社で頑張ってきました。

 

ですが、内示がでてから退職したい気持ちが強くなり、異動後は真剣に転職を考えるようになりました。

 

根本的な理由は近い将来、市場規模の縮小による会社の業績悪化が見込まれるからです。

 

これについてはもうほぼ確定事項なので、最悪倒産する可能性もあります。

 

ただ、これについてはかなり前からわかっていたことだったのですが、すぐに転職をしようとまでは思っていませんでした。

 

一社員として持ち直せるならなんとか会社を持ち直したいとも思っていましたが、今回の異動が原因で「この会社でそこまで頑張る必要あるの?」と感じ始めました。

 

元々辞めたかったが、その気持ちが増えた

 

異動が決まってから辞めたい気持ちがどんどん強くなってきています。

 

異動後は新しい仕事を覚える、新たな人間関係などのストレスもあり、さらに加速しています。

 

もしかしたら倒産するかもしれない会社で、一から仕事を覚えて人間関係を作り直して…そんな努力をする必要があるのかと疑問を持っています。

 

どうせ倒産するなら、いっそ今転職して新しい職場でパワーを使った方がいいのでは?と自問自答しています。

 

元々給料も安いですし、転職したところで年収も下がりません(むしろ上がる可能性だってあります)

 

友人が今の私と同じような状況で「どうしたらいい?」と相談されたら、迷わず転職を勧めますしね。

 

自分のチームを抱える責任がなくなった

 

以前はチームの管理者でしたので、部下も数人いました。

 

責任もあり大変なことも多かったですが、人間関係に恵まれ、やりがいも感じていました。

 

それが今回の異動で全て無くなりました(フォローする程度のことはしていますが)

 

チームを支える責任がなくなり、緊張の糸がプチっと切れた感じですね。

 

昇進が絶望的

 

管理職に昇進しなければ年収はずっと300万円以下です。

 

年収1000万円を目指す為に本業収入で年収400万円という目標を立てましたが、今の状況では達成は絶望的です。

 

とりあえずやってみてから考えようという結論に

 

辞めるにしても準備期間が必要なので、とりあえずは今の仕事を覚えるつもりです。

 

やってみたら意外と楽しく、会社の業績もどんどん良くなっていく可能性もゼロではないですしね(可能性は低いですが…)

 

降格人事を受けて良かった点

 

今回の降格人事に対してネガティブなことばかりを書いていたのですが、良かった点もいくつかあります。

 

精神的に楽

 

  • 業務の改善
  • 他部署との連携
  • チーム内の人間関係
  • 勤怠管理
  • トラブル対処

 

マネジメントも行い管理職のような仕事内容も多かったので、精神的に疲れることも多かったです。

 

なにかあれば私の所へ来る…そういった精神的な負担が減ったのでストレスは激減しました。

 

嫌な仕事をお願いしたり、経験や年齢が上の人に注意や指導をしたりすることも慣れたので、ストレスになっていないと思っていましたが、いざそのポジションから離れてみるとそういった仕事をしたくていいのはすごく楽だなって思います。

 

自分の仕事だけ考えれば良くなった

 

ひたすら自分の業務を行っていればいいので、楽です。

 

部下を頑張らせなくても、自分さえ頑張れば良いのですし。

 

急な欠勤が出ても「そっか〜大変ですね(*´Д`)」で終わりますしね。

 

時々お局様に注意されることもありますが、メンタルが強くなったのか大して気になりません。。

 

仕事が楽

 

仕事量が大幅に減ったので、時間的に余裕があります。

 

余裕があるので他部署から応援をして欲しそうなことも言われますが、やんわりと断るようにしています。

 

もう責任者でもないし、無理して他人のフォローを頑張る必要はないんです。

 

残業が減った

 

残業するほどの仕事量がないので、ほとんど定時帰りです。

 

残業代は減りますが、その分副業を頑張る予定です。

page top