年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

ソーシャルレンディングに興味を持ったけど、デメリットが気になって手が出せませんでした

投資や資産運用の記事を検索していると、最近よく出てくるキーワードが「ソーシャルレンディング」

 

新しい投資方法で、まだ世間にはまだまだ浸透していませんが、市場規模も拡大していき投資家の間ではもう定番の投資となり始めていますね。

 

ネット上で企業に対してお金を貸し、数カ月〜1年程度で元金+利息を返してもらう、すごくシンプルな投資です。

 

  • 利回りが5〜10%狙えて株のように値動きしない
  • 運用期間が決まっているので、出口が明確
  • 株やFXのように値動きしないので、損失がでない
  • 貸し出したら放置でOK
  • 毎月分配の案件も豊富で複利の効果を最大限使える

 

ソーシャルレンディングのメリットはこんな感じですね。

 

これだけみると投資としてはかなり魅力的なのですが、やはりリスクもあります。

 

  • 投資先の会社名がわからないので不安
  • 貸し倒れが起こる可能性がある
  • ソーシャルレンディング会社が倒産するリスク

 

ただ、この3つのリスクを軽減するのは簡単で、

 

  • 貸し倒れ率の高い個人向けは使わず、企業向けのソーシャルレンディングのみを行う
  • 担保付きの案件を選ぶ
  • 複数の案件に分散投資する
  • ソーシャルレンディングの会社を複数使う

 

分散投資することによって、基本的には解決します。

 

色々なサイトを調べてみましたが、貸倒率は1%程度との事なのでちょっとシュミレーションしてみました。

 

案件は12カ月で利回り10%だとします(10%案件はあまりないかもしれませんが解りやすくするためキリの良い10%でシュミレーションします)

 

そして投資している案件の内、1件が貸し倒れをし全額返済されないものとします。

 

50万×2案件 10万円×10案件 1万円×100案件
投資額 100万円 100万円 100万円
1年後 110万円 110万円 110万円
貸し倒れ発生 55万円 99万円 109万円
収益 -45万円 -1万円 +9万円

 

分散投資を行えば、貸し倒れをしたとしても十分な利益を確保することができます。

 

というより、1%程度の貸し倒れが起こるを前提にソーシャルレンディングを行ったほうがいいと思います。

 

そうしておけばもしも貸し倒れが起こった場合、「まぁ仕方ないかな」で済みますし。

 

一定の貸し倒れがあることが前提だと、そこまで案件選びに悩む必要もありません。

 

全額を1社に貸すのなら融資先がどんな会社か気になるかもしれませんが、分散投資をすればほとんど気になりませんしね。

 

ソーシャルレンディング会社も複数使えば悪い噂などが流れれば資金を引き上げ、別のソーシャルレンディング会社に移動させることによってリスクを抑えることができます。

 

利回りも高いですし、分散投資すれば個人的には大したリスクではないと思います。

 

不景気だけには注意が必要かも?

 

リーマンショック後のように景気が大きく変わるタイミングには注意が必要ですね。

 

  • 新規事業の投資は減り、既存事業への融資が増える
  • 出資する投資家が減る⇒利回りは上がる
  • 倒産する会社が増える⇒貸し倒れは増える

 

こういったことも考えられますので、不況の際は少し慎重になったほうがいいかもしれませんね。

 

運用中は投資資金を自由に動かせないのが一番の問題

 

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。

 

私が思うソーシャルレンディングの最大のデメリットは、「運用中は投資資金を自由に動かせない」という事です。

 

運用利回りは固定なので株やFXのようにトレードして収益を伸ばすことができません。

 

利回りが固定されている以上、利益を伸ばそうと思ったら投資する額を増やすしかありません。

 

仮に貯金が300万円あり、全額ソーシャルレンディング(12カ月利回り10%)に回した場合、1年後には330万円になっています(30万円の利益)

 

ただ、ソーシャルレンディングの性質上、投資したお金は償還期限まで返還してもらうことはできません(株やFXなら決済、出金すればすぐに戻ってきます)

 

ですので、300万円丸々投資してしまった後に、12カ月後まではその300万円を使うことができないのです。

 

プライベートで急に予想外の大きな出費があったら…貯金が0だと困ってしまいます。

 

投資を始めてすぐにお金が必要になったらと思うと全額をソーシャルレンディングに回すことに躊躇してしまいますよね。

 

元利均等返済型なら毎月返ってきますのでそういったリスクに対応しやすいのですが、利回りも低いのです。

 

  • 元本一括型…投資額は運用後、利息は毎月
  • 満期一括型…投資額と利息は運用後に戻ってくる
  • 元利均等返済型…毎月投資額と利息が戻ってくる

 

それなら最初から投資額を減らしておいて元本一括返済にして貯金をある程度残しておけば良いって結論になっちゃいます。

 

投資資金を動かせないデメリット解消する方法

 

  • 期限までお金を引き出せない
  • ソーシャルレンディングにお金を回しすぎると、急な出費があった場合、困ってしまう
  • でも少額投資だと利益が低くなるので、少しでも多く投資に回したい

 

私自身どのくらいの金額をソーシャルレンディングに回せばいいのか決められなくて、なかなかソーシャルレンディングを始められませんでした。

 

ですが、今日の朝いい方法を閃き、貯金は全額ソーシャルレンディングに回せばOKという結論に至りました。

 

【最後まで読めばわかります】具体的な解決策はカードローンを利用する

 

「え?アホじゃない?」と思われる方、まともな内容なので最後まで読んでいってください(笑)

 

ソーシャルレンディングでお金を貸して、カードローンでお金を借りる…どう考えても上手くいくわけありませんよね。

 

だってソーシャルレンディングで受け取る利息より、カードローンで支払う利息の方が高いですもんね(借入先にもよりますが)

 

単純に考えて破綻していますが、カードローンでお金を借りることを前提としていません。

 

よく考えると急な出費って人生でほとんど無かった

 

予想できない大きな出費って、実際のところはほとんどなくないですか?

 

  • 人生で何回ありましたか?
  • どの位の金額でしたか?
  • すぐに払わないと困るものでしたか?

 

社会人になって15年ほど経ちますが、急にお金が必要になった経験がほとんどありません。

 

  • 友人の結婚式に呼ばれた(3万円)
  • 車のバッテリーが上がり、バッテリー交換した(3万円)
  • 入院した(10万円かかったが、保険が下りた)
  • スマホが壊れた(無償で交換してもらえた)
  • 久々にスーツを着ようとしたら、サイズが合わなく買い替えた(3万円)
  • 不幸があり、地元までの交通費(往復3万円)

 

30分ほど過去の記憶をさかのぼって実際にあった急な出費を思い出してみましたが、このくらいしかありませんでした。

 

ほとんども出費が3〜5万円程度で足りますし、入院したときに10万円ほどかかりましたが、後日保険でまかなうことができました。

 

実は急な出費ってほとんどないんですよね。

 

計画的な大きな出費はたくさんあると思います。

 

  • 引っ越し代⇒急に引っ越さないといけないことってほとんどない
  • 車検代⇒2年に1回あるので計算済み
  • 家電が壊れる⇒滅多に壊れないし、それほど高額ではない
  • マイホームを買う⇒急に買う人はいない
  • 子供が大学に入学する予定⇒18歳に決まった金額が必要
  • 家族旅行に行く⇒早い段階から計画を立てている

 

こういった予めお金が必要になることがわかっている分はソーシャルレンディングに回さずにちゃんと貯金をしておけば問題はありません。

 

あと考えられるのは↓のようなことですね。

  • 車が事故で大破
  • 事故に遭い、働けなくなる
  • 家が火事になる
  • 連帯保証人になっていて、借りている人が夜逃げ
  • 病気になる

 

こういった事態に陥ると、貯金程度ではどうしようもないので心配な人は自動車保険、医療保険、生命保険、火災保険などに加入しておきましょう。

 

といった具合に、基本的に急にお金が必要になることはほとんどありません。

 

カードローンは使うのでなく、万が一の保険として持っておく

 

ですので、基本的には貯金はそれほど持っておかず、ソーシャルレンディングに回してしまってOKです(生活費+計画的な出費分+10万円くらいは置いておきたいですが)

 

もしも、予定外の大きな出費が発生した場合は、一時的にカードローンで借入を行えばいいだけです。

 

カードローンで借入したとしても、それ以上の大きな金額をソーシャルレンディングで貸し付けていますので、一時的に利回りが下がる程度で済みます。

 

あくまでカードローンは使わないのが前提で、保険で持っておくだけです

 

万が一の時の為に、いつでも使えるように一枚持っておけば、急な出費があっても問題ありません。

 

間違っても、カードローンでお金を借りてソーシャルレンディングに投資するなんて無謀なことは、絶対に儲からないのでやめておきましょう(笑)

page top