年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

中小企業は副業解禁に注意したほうがいい

私の勤めている会社は、大半のの社員が年収200万円台です。

 

月の手取りが13万円前後と安月給なので、副業をしている人が何人もいます。

 

  • 仕事に対して真面目でモチベーションが高い人
  • 仕事が早い、頭の回転が良い人
  • 長時間の残業も平気な人
  • コミュニケーション能力が高い人

 

こういったいわゆる「仕事ができる人」が副業をしている傾向が強いです。

 

仕事ができる人ほど、報酬(お金)への執着が強く、副業をして少しでも収入を増やそうと努力しています。

 

節約して支出を減らすより、副業をして収入を増やすことを選びます。

 

逆に、

 

  • 仕事はこなすが、モチベーションの低い人
  • 無口で大人しい、のんびりした人
  • 働くのが嫌い、残業が苦手な人
  • 考え方が少し人とずれていて、手がかかる人

 

「仕事は言われたことをこなせばいい」と感じながら仕事をしているような人は、あまり副業をしていません。

 

本業だけで疲れ果てる、お金を使うくらいなら、節約や我慢をすればいい…そんなことを考えています。

 

全ての人に当てはまる訳ではなく、一概には言えませんが、

 

会社にとって有益、重要な人…副業をする傾向にある
会社にとってそれほど重要じゃない人…副業に関心を示さない

 

私の会社ではこういった感じで仕事ができる人ほど副業をしています。

 

副業をしている人は会社を辞めていく?

 

副業を始めた人の大半は、副業をすると言って本業で手を抜いたりはしません。

 

本業も副業もしっかりとこなしていきます。

 

ですが、副業を続けていくうちに、本業に対しての熱が徐々に冷めていってしまうのです。

 

仕事へのモチベーションが下がる

 

仕事を頑張ることに対してのモチベーションがどんどん下がっていきます。

 

  • 本業を頑張って昇給やボーナスを上げるより、副業をしたほうが楽に収入を増やせる
  • これ以上仕事を頑張らなくても、副業の収入があれば十分
  • 管理職に出世して責任やストレスを受けるのなら、副業を続けたほうが…

 

副業での収入が増えることによって、本業はそれなりでいいかな〜と考え始めていきます。

 

また疲労もガンガン溜まっていきますので、単純に「慢性的な疲れでやる気がでない」なんて人も少なくありません。

 

長時間労働の為、集中力がなくなる

 

  • 本業の勤務時間…8時間
  • 本業での残業時間…1時間
  • 副業の勤務時間…3時間

 

副業をしているの労働時間はブラック企業並みです。

 

本業と副業の労働時間を足すと、厚生労働省が定める「過労死ライン」を超えている人も普通にいます。

 

仕事中に居眠りをする人はほとんどいませんが、仕事中にボーっとしたりダラダラと業務をこなす人は多いです。、

 

今まで遅刻しなかった人が、頻繁に遅刻するようになるとちょっと危険信号かもしれませんね。

 

残業をしなくなる

 

「残業をしなくなる?無駄な残業手当が減っていいじゃないか!!」と思われるかしれませんが、この場合はちょっと意味が違います。

 

無駄な残業をしないのはもちろん良いことなのですが、副業を続けている人は本来必要な残業もなるべく避けようとします。

 

経営者の方であれば「お金が欲しいから副業しているのに残業はしない?なんで?」と思われるかもしれません。

 

もちろん残業代が欲しいという気持ちもありますが、連日のダブルワーク…少しでも身体を休めたいのです。

 

残業なんてしないで少しでも睡眠を取らないと、身体も心も持たないのです。

 

融通が利きやすい本業の方で残業さけ、副業先のシフトはなるべく抜けないようにしている人もいます(時給も副業先のほうが良いので)

 

いざとなれば副業先で働ける…

 

仕事を辞めたいな…と思ったとき、

 

  • 次の職場でちゃんと仕事を覚えれるか不安
  • 新しい職場での人間関係を作り直すのが…
  • 怖い上司だったらどうしよう…
  • 仕事がきつかったら嫌だな…

 

次の職場でやっていけるか不安になり、「転職の決意がにぶる」人もたくさんいます。

 

ですが、既に副業で働いている場合、こういった不安は一切ありません。

 

仕事で嫌なことがあり仕事を辞めたいな…と思ったら、「副業先で働けばいいか」と考えてしますのです。

 

ストレスを溜めて今の会社にしがみつく必要性をあまり感じなくなってしまうのです。

 

引き抜かれる、独立される

 

副業している人が働いているバイト先は人手不足で悩んでいることが多いです(すでに本業がある人でも雇うくらいですしね)

 

私の同僚でもバイト先から「今の職場を辞めてうちで社員にならないか?」と言われている人もいます。

 

また、フリーランス系の副業をしているの場合、独立してしまう人も稀にいます。

 

同時に二つの仕事を長期間続けることは肉体的にできないの…辞める可能性が高くなる

 

数カ月程度であれば、身体に負担は掛かりますがダブルワークでも続けることができます。

 

ですが、1〜2年も続けるとさすがに肉体的にも精神的にも疲弊し、どちらかの仕事を辞める人が大半です。

 

大半の人は副業、バイト先を辞めるのですが、副業先の方が条件が良いと今の会社を辞めてしまう人もいます。

 

肉体的にきつく、副業を辞めたがっている人も多い

 

今副業をしている人の多くは心の奥で「副業を辞めたい」と思っています。

 

  • 身体が限界…だけど休める時間がない
  • 常に眠たい、もう少し睡眠時間を取りたい
  • 遊ぶ時間がない、副業していない人がうらやましい

 

ですが、それでも副業を辞めようとしません。

 

だって収入が減っちゃうから…今のお給料だけでは生活できないので…

 

副業をする理由はただ一つ…今の収入に満足していないから

 

副業を始めた理由って、

 

  • パラレルキャリアを形成したい
  • 人脈が広がる
  • スキルや能力を高めたい
  • 社会貢献したい

 

こういった非常に前向きな理由で、副業を始めました!って人も意外とたくさんいます。

 

ただ、こういった理由で副業を始めるのは大手企業勤務や魅力的な会社に勤めている方ばかりなのが現実です。

 

ごく普通の中小企業で副業をしている人の99%は、単純に今の収入で満足していないから副業をしているのです。

 

  • 給料だけでは生活できない
  • 遊ぶ金が欲しい
  • 将来が不安

 

今の収入では足りないから、無理してでも副業をしているのです。

 

給料を上げれば、副業しない人も多い

 

副業をしている人、何人かに「給料が上がったら副業やめる?」質問したところ、

 

  • バイトなどダブルワーク系の副業をしている人…辞めたい
  • Web系のフリーランス系の副業をしている人…辞める理由がない

 

こういった答えが返ってきました。

 

飲食店や深夜コンビニバイトなどをしている人は、「自分が満足できる給料になればすぐにでも辞めたい」という人が大半でした。

 

稼げるだけ稼ぎたいという訳ではなく、あくまで今の収入では満足できないので副業をしている感じです。

 

ですので本業での給料がしっかり上がれば、副業を続ける理由はありません。

 

逆に動画作成をしたり、WEBデザインで収入を上げている人は「辞める理由がない」とのことでした。

 

アルバイトと違い、自分で時間の調整ができるので、疲れた日には好きなだけ休めばいいだけですしね。

 

副業というよりは趣味を兼ねた副業…といった感じでしたね。

 

中小企業は副業解禁には慎重になったほうがいい

 

「副業は解禁した方が良い」…働く側の立場からすれば、会社からの給料だけではなく、副業をして稼ぐという選択肢が増えるのでメリットしかありません(副業解禁したから残業禁止!ボーナスや昇給は廃止!という場合は別ですが…)

 

私自身も給料の安い中小企業で働く1人の会社員ですので、副業解禁には大賛成です。

 

もしも今の会社で「副業禁止」なんて言われたら、「なら給料を上げろぉぉぉ!!辞めてやる!」と大変な暴動が起こってしまいます(マジで)

 

ただ、副業を始めた人は多かれ少なかれ今回の記事に書いたような、「今の会社にとってマイナス」に働く可能性が高いです。

 

ですので、人材が豊富でない中小企業などはあまり積極的に副業解禁しないほうがいいと私は感じます。

 

働き方改革に影響を受け、大々的に「当社は副業を推奨しています」なんてことはやめておくべきです。

 

「うちは給料は上げられないから副業を解禁して、収入を増やしたい人は自分で稼いでもらおう」なんて考える経営者もいるかもしれませんが、労働者の立場になった気持ちで少し考えてみてください。

 

給料は上げれないから仕事が終わってから他社でバイト推奨…そんな会社で働き続けたいと思いますか?

 

副業は禁止、給料を上げる為に今の仕事を一生懸命頑張ってもらう、その上で給料を上げる…このほうが会社にとってメリットが大きいと思いませんか?

 

副業解禁…さてどうなることやら

 

働き方改革法案によって副業を解禁する企業がこれからどんどん増えていくのは間違いありません。

 

ですが3年前から副業している私にとっては、必ずしも企業にとってプラスになるものだと思いません。

 

企業にとってプラスにならない=労働者にとってプラスにならない

 

会社にとってプラスにならないということは、そこで働いている人にとってもマイナス…すなわち給料に影響してくる可能性も少なからずあります。

 

  • 副業をする人…プラス
  • 本業一本の人…マイナス
  • 副業してもらう会社…プラス
  • 副業を解禁する会社…マイナス

 

働き方改革の結果…こんな感じになるんじゃないでしょうか?

 

どうなるかは10年後にならないとわかりませんが、私はとりあえず副業頑張ります!

page top