年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

酒とたばこ…節約するならまずはここか

「節約を考えるならまずお酒とたばこを辞めなさい」

 

昔働いていた会社の上司に言われた言葉です。

 

その時はあまり気にも止めていなかったのですが、「30代だし…そろそろ節約して老後の貯金を」と考えるようになりその言葉をふと思い出しました。

 

たしかに、

 

  • 家賃
  • 食費
  • 日用品費
  • 通信費

 

こういった出費を無理に抑えようとすると、どうしても生活レベルが下がってしまいます。

 

生活レベルを下げずに、手っ取り早く節約しようと思ったらやはり「酒」「たばこ」をやめるのが一番効果がある気もします。

 

ですので今回は、お酒とたばこを辞めたら実際のところいくらくらい節約になるのか考えてみました。

 

まずは一日のお酒代&タバコ代を計算してみた

 

まずは今かかっているお酒代とタバコ代を計算してみます。

 

お酒代ですが、今回は会社や友人との飲み会の費用は含めてません。

 

自宅で飲むお酒代のみとなります。

 

タバコ(アイコス)は1日で0.7箱、お酒は色々飲みますが、発泡酒で計算するとだいたい500缶2本(1リットル)程度だと思います。

 

あとお酒を飲むときに必ずおつまみを食べるのでそれも計算に含めます。

 

  • タバコ一箱460円×0.7箱=322円
  • 発泡酒200円×2本=400円
  • おつまみ150円×1袋=150円

 

一日あたりのタバコ代は約320円、お酒代は約400円、おつまみ代は約150円…合計で一日当たり870円かかっています。

 

まとめ買いすることが多いので今まではあまり気にしていませんでしたが、こうやって計算してみると1日でかなりの金額がかかっています。

 

1カ月、1年間のお酒代とたばこ代を計算するのが怖くなってきました。。。。

 

1カ月のお酒代&タバコ代は

 

  • タバコは毎日吸う
  • お酒は毎日飲む

 

タバコは毎日吸いますし、休肝日もほとんど取らずにお酒を飲んでいるので30日で計算しました。

 

なるべくわかりやすく計算したいので、タバコ代は端数切り捨ての320円、おつまみ代はお酒代に入れて一日当たり550円で計算します。

 

  • タバコ代320円×30日=9600円
  • お酒代550円×30日=16500円

 

タバコ代とお酒代を合わせると、1カ月で26100円かかっています。

 

1万円以上かかっている自覚はありましたが、まさか26000円を超えているとは…

 

もしもお酒をたばこを辞めたら、毎月26000円ずつ貯金が溜まっていくと考えたらかなり大きな節約です。

 

26000円と聞いてピンときた金額が、私の毎月の残業代です(平均すると大体この位の金額です)

 

これではまるで、酒とたばこの為に残業しているような状態です…逆に禁酒禁煙をすれば残業しなくてもいいと考えたら…

 

たまにはこうやって自分がいくらくらい出費をしているのか計算してみるのはいいものですね(精神的ダメージは受けますが)

 

月のお小遣いが3万円のサラリーマンだと、お酒代とたばこ代でほとんどなくなっちゃいます。。。缶コーヒーを毎日1本買ったらちょうど3万円。。

 

次は1年間にかかるお酒代、たばこ代の計算です。

 

1年間のお酒代&タバコ代は

 

  • たばこは毎日吸うので365日で計算
  • お酒は飲めない日や飲み会の日がある

 

タバコは毎日吸うので365日、お酒は飲めない日や稀に休肝日がありますし、飲み会がある日はかからないので350日で計算しました。

 

  • タバコ代320円×365日=116800円
  • お酒代550円×350日=192500円

 

タバコ11万円超え、お酒で19万円超え…合計で309300円、一年間でまさかの30万円オーバーです。。。

 

私の給料の手取りが13〜15万円くらいですので、一年の内約2カ月はお酒代とたばこ代の為に働いているようなものです。。。

 

30万円もあれば、欲しいものは大抵買えますし、海外旅行にだって行ける金額です。

 

上司が言った「節約したければまずはタバコとお酒を辞めなさい」というのはやはり事実のようですね。

 

怖いですが、今までで使ったお酒代&たばこ代を計算してみた

 

少し計算するのが怖いですが、今までいくらくらいお酒とたばこにお金を使ったかを計算してみます。

 

  • タバコ歴は15年間
  • お酒歴は15年間

 

タバコは15年ほど吸っていますが、昔は今よりも1箱当たりの値段が安かったので、70%の金額で計算します。

 

お酒歴も15年ですが、20代前半の頃は自宅で飲むことはほとんどなかったので10年で計算します。

 

  • 一年間のタバコ代116800円×70%×15年=1226400円
  • 一年間のお酒代192500円×10年=1925000円

 

合計で3151400円…今までにかかったタバコ代とお酒代は300万円を超えています。

 

塵も積もれば山となるとはこのことでしょうか…もう考えるのを辞めたくなってきました(笑)

 

でも現実を受け止めなくちゃ。。。

 

300万円って金額は、私のような低年収サラリーマンにとってはとんでもない金額です。

 

  • 年収を超える金額…というか手取り年収の2年分に近い
  • 今乗っている中古車が3台買える、新車でもお釣りがくる
  • 安い中古マンションなら買える
  • 実家のリフォームができる
  • 貯金通帳の残高が300万円増え、450万円になる

 

私のような小市民なら300万円もあればほとんどのことはできます。

 

300万円あってもできないことと言えば、マイホームの購入くらいでしょうかね(頭金くらいにはなりますが)

 

今はまだ300万円で済んでいますが、今のペースでタバコ代、お酒代がかかってくるとかなりの金額になりそうです。

 

現在35歳…今後の人生で使うと思われるお酒&タバコ代

 

  • 80歳まで生きる計算
  • お酒とたばこは今と同じくらいの量
  • タバコ代は上がっていく

 

80歳まで生きるとすると、残りの人生は45年となります。

 

タバコ代に関しては、ほぼ間違いなく増税が進み値段が上がっていきますので、150%で計算します(150%だと1箱690円…もっと上がってそうな気もしますが)

 

お酒代に関しても上がりそうな気がしますが、大幅な上昇はないと思いますので、今と同じ値段で計算します。

 

  • 一年間のタバコ代116800円×150%×45年=7884000円
  • 一年間のお酒代192500円×45年=8662500円

 

今のままタバコを吸い続けると788万円かかり、今のままお酒を飲み続けると866万円もかかってしまいます。

 

両方合わせて1600万円超えてしまう結果になりました…計算をしていて本気でお酒とたばこを辞めようかと考え始めました。

 

だって、「禁酒(飲み会はOK)と禁煙したら、1600万円プレゼント!」なんて言われたら絶対禁酒禁煙しますもんね。

 

1600万円もかけてお酒を飲み、タバコを吸う…ちょっと馬鹿らしいですよね?

 

私の人生でかかるタバコ代とお酒代は約2000万円…マイホームが買えそうだね

 

私の一生でかかるタバコ代…約910万円
私の一生でかかるお酒代(飲み会は除く)…約1060円

 

私の人生でかかるタバコ代とお酒代を合わせて、ざっくり2070万円かかることがわかりました。

 

毎日当たり前のように吸っているタバコ、テレビを見ながら惰性で飲んでいるお酒…それに2000万円の価値があるとは思えません。

 

もうすでに300万円以上使っていますが、特に良かったことはありません。

 

私の人生にお酒とたばこは本当に必要なのか?

 

この記事を書いていて、「私の人生にお酒とたばこは本当に必要なんだろうか?」を考えるようになりました。

 

コミュニケーションの為の飲み会などは必要かもしれませんが、

 

  • なんとなく吸い続けているタバコ
  • ダラダラと一人でテレビを見ながら飲むお酒

 

こういったものはそれほど必要じゃない気がしてきました。

 

お金がかからないのなら今のままでいいのですが、この習慣をこれからも続けるだけで1600万円もの大金を使うのはちょっとどうなんだろうと…

 

今までに、

 

  • 11か月の禁煙
  • 100日の禁酒

 

禁煙と禁酒に挑戦したことがあります。

 

禁煙は11カ月、禁酒は100日で挫折はしましたが、世間で言われているほどものすごく大変なことではありませんでした(スタート時はたしかにきついですが)

 

お酒とたばこのない生活もなかなかいいものでしたしね(特に体調的に)

 

今回の記事を書いてみて、もう一度挑戦してみてもいいかなって気持ちになり始めました。

 

以前の禁煙は健康が目的、禁酒はダイエット(婚活)が目的でしたが、今度は節約、貯蓄のために禁酒禁煙をしてみてもいいかなって。

page top