年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

「なんで資産運用しないの?」っていう人がいますが

私はずっと資産運用をしていますが、友人などに「投資した方がいいよ!」と言ったことは一度もありません(ネットでは別ですが)

 

リアルではなるべく投資の話しをしないように気をつけています。

 

資産運用の良い面もわかっていますので、自分自身はガンガン資産運用を続けていくつもりですが、見返りが大きい分リスクやデメリットも大きいんですよね。

 

  • 資産運用しないとか人生損してるよ?
  • 絶対に儲かるのになんで投資しないの?

 

こんな風に無責任に資産運用をすすめる人も結構いますよね(投資を始めて数カ月、上手く利益が出ている人に多い印象です)

 

資産運用のメリットばかりが一人歩きしていますが、「投資はしない」のも意外と良い面が多いのです。

 

そこで今回は投資を「しない」ことのメリットと、資産運用をしないほうがいい人について考えてみました。

 

投資を「しないこと」のメリット

 

資産運用をしたことない人は「投資をしないことのメリット」と言われてもピンとこないかもしれませんね。

 

投資をしないことのメリットは、投資をすることのデメリットに近いかもしれませんね。

 

心の安定

 

投資をしている人の多くが「投資の事が頭から離れなくなる病」にかかってしまいます。

 

  • 一日中スマホで値動きをチェック
  • 要人発言が気になって眠れない、睡眠不足
  • 仕事にも集中できない

 

利益が出ているときはまだましですが、損失が出始めるともう気になって気になって仕方なくなります。

 

心が常にアップダウンしている状態…例えるなら一日中パチンコを打っている感覚でしょうかね。

 

買っているときはアドレナリンが出て興奮し、負けが込むと落ち込んだりソワソワしたりイライラしたり。。

 

…日々の値動きで心がどんどんすり減っていくのです。

 

資産運用をしない人は、お金の動きで一喜一憂することもないので、無駄なストレスを溜めずに済みます

 

お金の安定

 

何もしなければ、お金は増えませんし、減りもしません。

 

投資をしない場合、毎月給料を貰い、生活費を支出し、残りは貯金する…常にお金の動きが安定しているのです。

 

お金の動きが安定している分、将来のライフプランが正確に立てやすいのです。

 

5年後に子供の大学の学費が必要…でも投資で損失がでているから捻出できないなんてことはなくなりますからね。

 

リスクがない

 

  • 資産運用の勉強をする、時間的リスク
  • 値動きに一喜一憂する、精神的リスク
  • 負けてお金が減る、金銭的リスク
  • 投資詐欺に騙される、詐欺リスク

 

資産運用をする=様々なリスクとの戦いだという事を覚えておきましょう。

 

会社が不祥事を起こして上場廃止になり、持ち株が紙くずになってしまうことだってあります。。

 

リスクをある程度コントロールすることもできますが、投資をする以上完全にリスクを排除することはできないのです。

 

最初は「リスクは取りたくないからレバレッジをかけない、ポジションも小さく取引する」なんて思っていても、

 

  • 利益が出れば、もっと伸ばしたいとポジションを大きく取る
  • 損失が大きくなると「一度で取り返すにはもっと大きなポジションが必要」

 

取引を繰り返しているうちに徐々にリスクを取っていく人がとても多いのです。

 

リスクに慣れていくといった感覚でしょうか。

 

資産運用をしなければ、こういったリスクと向かい合う必要はなくなるのです。

 

資産運用をしないほうが良い人

 

「投資をしない」を選択するメリットはわかってもらえたでしょうか?

 

次は「こんな人は資産運用をしない方がいいかな…」って思う人を上げていきます。

 

収入を増やす必要のない人、十分生きていける人

 

  • 今の収入で十分満足な生活をしている
  • 贅沢はしないので、老後までの資金は十分足りる

 

収入を増やす必要がない人は資産運用をしないほうがいいですね。

 

今の収入で十分足りているのにわざわざリスクを取ってお金を増やすのはあまり意味がないですし。

 

それどころか資産運用を失敗して、本来足りるはずだった老後資金が足りなくなってしまう可能性だってあります。

 

お金はたくさんあっても困りませんが、必要以上にあっても意味がないのです。

 

小さな損でもストレスが溜まる人

 

感情の起伏が激しい人は値動きに一喜一憂し、心がどんどん疲弊していく可能性があります。

 

小さなな損でも大きなストレスを感じてしまい、冷静な判断ができなくなることも。。。

 

投資はメンタルとの闘いですので、メンタルが弱い人には向いていません。

 

すぐに収益を伸ばしたい、ギャンブラータイプの人

 

100万円の資金を1年後に300万円にしたい

 

お金に貪欲で、短期間でどんどん収益を伸ばしていこうとする人もちょっと危険です。

 

なぜかというと短期間でどんどん収益を伸ばすということは、短期間でどんどん損失が出る可能性がある、リスクの高い取引をしているからです。

 

リスクを取りすぎてしまうとたとえ99回連勝していても、100回目の取引で全てを失う可能性もあります。

 

資産運用は長期的な戦いですので、短い期間でどんどん利益を増やそうとする人はあまり向いていません。

 

他人に資産運用を勧めまくる人

 

友人などに資産運用をガンガン勧める人も資産運用に向いていません。

 

自分自身は利益を出すことができたとしても、自分が教えた友人が同じように利益を出せるとは限りません。

 

「俺が教えてやる!絶対に儲かるから!!」といって投資を教え、運悪く大きな損をだしてしまった場合はどうでしょう?

 

友人目線だと「絶対に儲かるからと言われて始めたのに…この人はもう信用できない」とあなたへの信頼を失うかもしれません。

 

自分を責める友人に、

 

  • お前のやり方が悪い
  • 俺の責任じゃない
  • 俺も損してるんだ!我慢しろ
  • 相場が間違っている

 

こんなことを言ってしまったら…もう友情が壊れてしまうでしょう。

 

どんなに上手な人でも「絶対」がないのが投資ですしね。

 

それでも資産運用をすることを私は選ぶ

 

この記事を読んで私の事を「この人は投資や資産運用にすごくネガティブな人だな」と思われたかもしれません。

 

ですが、そんなことはありません。

 

投資は今もしますしこれからも続けていく予定です。資産運用歴もそれなりに長いです。

 

なぜそんなにデメリットを感じつつも資産運用を続けていく理由…それは私にとって資産運用は「必要なもの」だからです。

 

今のままでは自分の満足する収入を得られないので、デメリットを理解しながらリスクを取って資産運用しているのです。

 

もしも将来お金持ちになり、老後までの資金が十分確保できたら資産運用からは撤退するつもりです。

 

だってお金は十分足りるのに、リスクをとって資産運用しようとは思っていません。

 

  • 金がないから投資ができない
  • 金があれば投資をする必要はない

 

お金は好きですが、老後生きていくのに十分な金額があれば、それ以上は求めません。

 

昔は「お金はあればあるほどいい、あっても困らない」と思っていましたが、今は「自分の人生に必要なだけあればいい」と思うようになりました。

 

そう思うようになり、投資をしないメリットもわかるようになってきたってお話しでした。

page top