年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

若手社員がどんどん退社していきます

私の働いている会社…ここ一年で20代30代の若手社員がどんどん仕事を辞めていっています。

 

今までもそれなりに退職者はいたのですが、ここ一年は特に男性の若手社員が「仕事を辞める」と行動に移し始めています。

 

なんでこんなことになったのか、シンプルにまとめてみました。

 

退社の理由は給料の安さと経営陣への不信感

 

仕事を辞めていく若手社員たちに話しを聞いてみました。

 

と言うよりも、うちの会社は口が軽い人が多く、噂話好きが多すぎるので、わざわざ聞かなくてもどんどん耳に入ってくるのです(笑)

 

やはり若手社員が辞める理由の一番の原因は「お金」でした。

 

新卒で入社し15万円程度の給料…3年頑張って働いて5千円アップの15万6千円程度。。。

 

手取りだと12〜13万円にしかなりません。

 

実家暮らしだとしても

 

  • 家に入れる…3万円
  • 車のローン…3万円
  • 車の維持…2万円
  • スマホ、ネット代…1万円
  • お昼ご飯代…1万円
  • その他…2万円

 

手取り12〜13万円では手元にほとんどお金が残りません。

 

…つまり遊びに使えるお金がないのです。

 

高校を卒業して「働き始めたら遊びまくるぞ!」と意気込んでいた人も、安月給の会社に就職してしまうと想像以上に余裕がないことに気づいてしますのです。

 

今の会社よりもっと給料の良い会社へ…と転職を決意してしまう若手社員が一番多いです。

 

10年働いてやっと2万円昇給

 

高卒から10年働いてやっと額面で17万円。

 

中堅社員となり責任も押し付けられるようになるのに、給料はほとんど上がっていない現実を感じ始めます。

 

年齢も28歳〜32歳になり「そろそろ彼女と結婚したいな」と考え始めます。

 

一人で生活していた時には「とりあえず生活していけるからいいかな」と思っていた給料も、結婚を考えると「手取り14万円で嫁と子供を養えるのか…」と収入面で大きな不安を抱えるようになります。

 

結婚を真剣に考え始めて転職を決意する男性社員もたくさんいます。

 

アラサーになると高校時代の友人との年収差が明確になる

 

この位の年齢になってくると、周りの友人と年収の差が開き始めていることに気付きます。

 

飲み会などでも、どうしてもお給料の話しってでてきますしね。

 

  • 大手企業に入社
  • 月給は大差ないが、ボーナスが100万円超え
  • 歩合制の営業マン
  • 夜勤と残業頑張って稼いでいる
  • 中小企業でも順調に出世&昇給

 

アラサーでも年収400〜600万円くらいの人ってたくさんいますので、そういった人の話しを聞くと「自分はなんて給料の安い会社で働いているんだろう…」という気持ちになってしまいます。

 

10年真面目に働いて年収250万円もいきませんからね。。

 

  • 嫁を専業主婦にした
  • 結婚してマイホームを建てた

 

年収のように具体的な金額じゃなくても、年収差を感じてしまいます。

 

うちの会社でマイホームを買いたいなんていったら失笑されるレベルです。

 

30代後半、40代の社員の給料を聞いて絶望

 

「今は安くとも将来的に給料が上がればOK」

 

そんな希望を持つ若手社員もいると思いますが、うちの会社では絶望に変わります。

 

だって自分より10歳以上年上の先輩が自分と給料がほとんどかわらないんですからね。

 

中途入社の場合、年齢に関わらず新卒より約2万円低い基本給で入社します。

 

10年経ってやっと新卒レベルの給料…それを聞いた若手社員は苦笑い。。

 

求める年収は350〜400万円、若手社員は決して高望みをしている訳ではない

 

若手社員が高望みをしているように思えるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

  • せめて年収300万円は超えたい
  • 残業と夜勤がある会社に転職して月25万円欲しい
  • 400万円あれば十分すぎる

 

ボーナスは100万円以上欲しい、年収600万円は必要などといっている訳ではなく、ものすごく現実的な収入を欲しがっています。

 

一昔前は同僚や周りの友人、家族などとの給料差が一つの目安になっていました。

 

  • 周りの会社よりは給料が良い
  • 父親が若い頃はもっと貰っていた
  • 高校時代の同級生の中では年収が低い

 

ですが今は昔とは違い、今はネットで自分の年収が高いのか低いのかが簡単にわかる時代です。

 

安い給料を1万円アップ程度では、若手社員の心はまったく動きません。

 

試しに「給料がいくらになったら会社に残っていいと思う?」と聞いてみると、将来的に基本給が25万円に届くなら…最低でも手取りで20万円は欲しいとのこと。。

 

一部社員の昇給や査定への不満

 

うちの会社は給与交渉すると給料が上がることがあります…要は言ったもん勝ちです。

 

さらに昇給やボーナスも謎な点が多く、「なんであの人が?」というような査定が行われるみたいです。

 

詳しくは知らないですが、噂を聞くと「お気に入り社員&口うるさい人」は査定が高いようです(笑)

 

そういった不満はよく聞きます。

 

無駄な役員の雇用

 

月に1回来るか来ないかの役員が月に10万円以上の給料をもらっていたり、まぁやりたい放題です。

 

個人的には親族経営だし仕方ないかな〜と許せるのですが、働いてない人が給料を貰っていることにストレスを感じている人も結構います。。

 

退職の連鎖が起こっている

 

若手社員が退職→それに引き続くように別の社員が退職

 

今まさに退職の連鎖が起こっています。

 

不満を持ちながら仕事をしていて、仲の良い同僚が辞める…自分も退職しようと思う気持ちはよくわかります。

 

残った社員で退職者の穴をフォローしないといけないですし大変ですもんね。

 

人間関係もあまり良くない

 

給料は安くとも人間関係さえ良ければ退職の連鎖は起こりづらいのですが、人間関係自体もあまりよくないんですよね。

 

人間関係が悪い中、仲の良い人が辞めていくと…そりゃあ自分も辞めたくなっちゃいます。

 

誰でも入れる会社、社員の質は良くない

 

離職率がそれなりに高いので、面接にきた社員はほとんど採用します。

 

ですので、社員の質はあまり良くないです。

 

もちろんまともな人もたくさんいますが、急に仕事に来なかったり、いきなり辞めたり、敬語が使えなかったりと変わった人も結構います。

 

それが原因でグチャグチャになることも何度かあったらしいです。

 

仕事内容もやりがいを感じれるものではない

 

仕事内容も同じ作業のルーチンワークがメインです。

 

やりがいを感じられるものではなく、自分一人が頑張っても何も変わらないのです。

 

給料の良い会社の求人が目立つようになってきた

 

  • 景気も回復してきている
  • 団塊世代が退職

 

去年あたりから給料の良い会社の求人が目立つようになってきました。

 

転職活動をしている人に話しを聞いていると、結構有名な企業も中途の募集をしているようですね。

 

私が転職活動をした頃は募集していなかった企業もたくさんありましたね。

 

会社の引き止め対応にも無反応

 

会社も引き止めはしますが、引き止めが成功したのをみたことがありません。

 

退職を決意している人はそう簡単には引き止めることができません(給料5000円アップなんて神経を逆なでしているようなものです)

 

会社も理解したようで、最近は引き止めではなく、引きのばし作戦に移行しているようです。

 

私の配属された課…異動して半年の私が一番のベテランになりそうです

 

課に残っている最後の若手社員が辞めるのは半年後に決定。。。。

 

そんな感じでどんどん退職者がでて、私は課で一番のベテランということになりそうです。

 

ベテランと言ってもまだ1カ月しか業務をこなしてないんだが…

 

他の課の主力が集められ、元の課はヤバい

 

このままでは課が機能停止し崩壊してしまうので、別の課からどんどん人を異動させています。

 

この課の業務はやや特殊で、最低でも1年程度は経験がないと業務自体をこなすことができません(適正もそれなりに必要)

 

ですので、他の課からは私よりもベテランの主任(Aさん)が異動させられてきています。

 

Aさんなら退職者の穴埋めは可能なのですが、問題はAさんが抜けた穴を誰が埋めるのかということです。

 

そっちの課までグダグダになったら大変なので、Aさんが両方担当することになりそうですが…Aさんまで辞めてしまう可能性が…

 

このままだと…会社は崩壊していきそうです

 

既に崩壊しかけていますが、このまま退職者ラッシュが止まらないとガチ目でヤバいです。

 

一つの課が崩壊してしまったので、会社側もこの危機をわかっているとは思いますが、特に何かをする訳でもありません。

 

もう諦めているんかな?

 

page top