年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

平成のまとめ

あと3時間で平成も終わり、明日から令和時代に突入です。

 

せっかくの節目なので、今考えている今後のことを整理しようと思います。

 

起業はやっぱりやめて再就職しようかなって

 

地域自治体がやってるコアワーキングスペース的なものを借りようとしていましたが、今のところやっぱり辞めようかと思っています。

 

実質無料みたいなお値段なので借りるだけ借りてもいいかもしれませんが、自分の性格的に借りてしまったら数か月は解約しない(プライドが高い)ので、再就職が遅くなってしまいます。

 

GW明けに市の職員?的な人に審査会で数名の方に集まってもらう予定ですが、断ろうかなって思っています(私迷惑な人ですw)

 

仕事を辞めて1か月…もっと記事を書くかと思っていましたが、ほとんど作業ができませんでした(時間はたっぷりあったし、毎日頑張ろうと思ったが動き出せなかった)

 

それが一番の理由ですね。

 

グーグルのアップデートと同じくらいモチベーションって大切。

 

アフィリエイトを辞めるつもりはありませんが、今の私のモチベーションではアフィリエイト1本で生計を立てるのは無理げーです。

 

あと仕事を辞めてからの1か月が全然楽しくなかったw無駄に心が疲弊していってたw向いてないんだろうな。

 

ついでにやっぱりリスクが高すぎ…普通に働いていれば普通に老後を送れるのに、なんとなく起業して老後に苦労するとか辛い。

 

本業+副業+投資の方針で

 

無難。安定。最強。

 

今無理して起業するよりはいいはず。そしてお金を貯める。

 

今起業するよりも、しばらく頑張ってお金が十分溜まったらセミリタイア、アーリーリタイアに切り替えるほうがリスクが低い。

 

投資資金ってそんなにいらない

 

今すぐ不労所得だけで生活したいと思ったら3000万円〜5000万円くらいはほしいけど、老後の安心って考えてたらそんなに投資資金っていらないって気づいた。

 

単利で年10%狙い、10年に1回福利運用すれば(65歳までは利益は引き出さない)

 

35歳500万円(年50万円)スタート
45歳1000万円(年100万円)
55歳2000万円(年200万円)
65歳4000万円(年400万円)

 

こんな感じか。税金は加味してないけどね。

 

こんなにいっぱいお金は必要ないから、45歳の時だけ1回福利にして、55歳から単利5%くらいにしてもいいのか。

 

55歳2000万円(年100万円)
65歳3000万円(年150万円)

 

そういえば今500万円も貯金なかったw

 

まぁ300万円以上はあるから再就職すれば45歳で1000万円はなんとかなるんじゃないか?(願望)

 

生涯独身コースもありかな

 

上記の計算は完全に生涯独身コース。

 

生涯独身ならヌルゲーなので、それもありかなって思い始めてきた。もう35歳だし。

 

結婚して子供ができたら超絶マゾゲーになる気がするし。

 

老後の生活ってそんなにお金がいらない

 

国民年金だけでも満額で月65000円くらいもらえるらしい。

 

国民年金+10万円もあれば独身ならまぁ普通に生きていけると思う。

 

生きていけるというか、以前の勤め先の手取りより多いので贅沢しなければ余裕だろう…。

 

月10万円は2000万円を投資で年間120万円。年6%くらいか。65歳以上になったら運用益は引き出す方向。

 

1000万円は貯金で何かあったとき用でとっておく。

 

…これなら多分余裕すぎる気がする。。

 

何かあったときっていっても数年に1回、数十万程度だと思うから2000万円から引き出せば十分足りるはず。なら3000万円もいらんな

 

てか2000万円あれば投資に回さずに使い続けても80歳までは十分持つはず。

 

100歳まで生きる可能性もあるかもしれないけど、70歳とかで人生を終える可能性も十分あるしね。。。

 

頑張ってもどうしても無理だった場合は最悪生活保護に頼ることだってできる(そうならないように頑張るけど)

 

一体私は老後の何におびえていたんだろう…って今日思いました。。

 

平成最後の日にくそ記事を書いてる

 

大分酔ってきたのでかなり雑な記事ですいません。

 

まぁこんな感じであんまり心配&無理して金稼ぎをしなくてもいいかなって気がしてきました。

 

独身コースならって話ですけどね。

 

人生を難しく考えすぎてて疲労してた。

 

まぁみんな適当に生きてるもんね。

 

後2時間で令和元年の初日だっていうのに…平成のまとめがこれかよっていうw

 

PS また明日の朝には考えが変わってるかもしれませんがw

page top