年収200万の男が5年で年収1000万を目指したブログ

令和時代…生き抜きたい

2019年4月、平成最後の月の収入はこちらです。

 

本業 0円
副業 104640円
合計 104640円

 

本業は3月に退職したので、0円です。

 

本業収入がないと副業収入が10万円以上あっても、月の合計収入は10万円程度…これが現実ですがちょっと悲しい。

 

まぁ失業保険が支給されましたので、貯金残高をみても働いているときとそこまで大差ない感じです(1回目は約半月分で7万ちょっとでした)

 

本業収入の枠に失業保険の金額を入れようかと迷いましたが、なんかずるい気がするので辞めました(失業保険は課税対象にもなっていないですしね)

 

副業収入は10万円は超えていますが、来月以降は5桁になると思います。

 

先月の発生は7万くらいでしたし、3月以降ズルズルと落ちて行っています。

 

フロリダアップデートばかりに意識がいっていましたが、ITP2.1の影響もそれなりにあるのかもしれません。

 

ちなみに私の一番収益を上げている広告主は未だにITP非対応ですし。。。

 

まぁITPに関しては深く考えても仕方ないので、何も考えていません。

 

やるとすれば発生に違和感を感じたらASPを変えたり、ITP対応の広告主に切り替えるくらいですかね。

 

悲観していましたが、まだアフィリエイトに旨味はあると信じて

 

「アフィリエイトはもう本当に終わってしまったのか」っていう問題。

 

毎日のようにブログやツイッターをチェックしていますが、

 

  • 以前よりパイが少なくなり、稼ぎやすさは減っているのは事実。
  • アップデートで収入が激減した人がいっぱいいるのも事実。
  • でも今でも個人で月100万円以上(まれに8桁)の収支を上げている人がいっぱいいるのも事実。

 

こんな感じですかね。

 

まぁ私が始めたころよりも難易度はかなり上がっているけど、稼げないことはないって感じですかね。

 

2019年5月の時点でアフィリエイトは、以前よりは難易度が上がっているけど旨味は残っていない訳じゃない。。って感じか(なんか同じことを2回書いてしまった)

 

とりあえず今のところは…って感じですかね。

 

今後いい方向に行くとも思えないし。

 

アップデートでメンタルがやられてアフィリエイトを引退する人が増えても、まだまだ参入する人のほうが多いしね。

 

かすかに残された希望はネット広告の市場規模が年々拡大されていっていることくらいかな?まぁ動画とかSNSとかアプリのほうが伸びているんだろうけど。

 

あとは仮想通貨アフィリエイトみたいなあらたな市場ができてなんかブームに乗って一気に稼ぐみたいな?参入者が多そうだし、ドメイン強いところが持っていきそうな気もする。

 

2018年からのグーグルやアップルの流れを考えると、1〜2年後に専業SEOアフィリエイターはオワコンになっている可能性が無きにしも非ず。

 

今年の8〜9月、来年の3月くらいにまたでかいのが来るんだろうなって予感はビシビシしてるw

 

今持っているサイトで数年後に月2〜3万円でも稼げるのなら、御の字なのかもしれない。

 

そう考えたらやっぱり貯金と節約だな。

 

外注とかして資金を回転させるよりは、アフィリエイトで稼いだお金をしっかりと残す。これが大事。

 

んで残したお金を投資に回す。

 

やっぱりこれが一番無難かな。

 

基本的に細く長く稼げるであろうサイトを作っていたのですが、今の状況を考えるとそれが正解とも思えなくなってきた。

 

月100万円だけど、いつまで持つかわからないサイトよりも、月1万円でもずっと稼ぎ続けれるサイトって感じでしたね。

 

稼げるうちに稼いでおくってのも大切なのかもしれない。

page top